ホワイト理系の転職日記:転職してもいいかもと思い立つ

年収450万円。残業なし。某私立大学理工学部卒業。
業界大手メーカー勤務。
生産技術職。
30歳男性。
職場の人間関係は良好。

給料以外はホワイトだと思う。

転職してもいいかもしれないと思い立つ。

今までは、仕事がそこそこ楽しくてやりがいがあると思っていたが、流石に仕事が多い。

このシリーズの記事では、僕のゆるりとした転職活動をリアルタイムで書いて行きたいと思う。

今まで転職なんて真剣に考えた事はなかった

なぜ今になって転職を思いついたのか?
今まで、転職というワードを聞いても自分事のように感じずに通り過ぎていた。

転職しても給料は下がる。今よりもきつい仕事しかない。
と言い聞かされていて、転職にいいイメージを持っていなかったのかもしれない。

でも一番の転職しない理由はめんどくさいからだ。
今の会社は、人間関係はよく、残業が少なく、不満が無くはないがやりがいもある。
しかし給料は安い。

転職したら年収は上がるかもしれないが、今ほど、ゆるふわで働ける会社なんてないだろうと思うと転職するやる気がなくなってしまう。

ホワイトな環境を提供して、社員を去勢して、低賃金で働かせる企業側の作戦かもしれない。

しかし、そんな会社に仕事ができる人は残らない。
残るのは、自分の人生に対してやる気のないホワイトなぬるま湯から抜け出せない人間ばかりだ。

私自身も去勢させられていたのだ。

転職をしようと思った理由

低賃金ホワイトのぬるま湯でぼやぼやしていた僕がなぜ転職をしようと思いたったのか理由は以下の通りである。

30歳になったけど給料が少ない気がする

入社して2年目からほとんど年収が変わってない。ほんの少しづつ上がっているが、本当に少しだ。
実際に給料が上がって生活が豊かになった実感はない。
20代半ばの頃は、なんとなくアラサーにでもなったら給料はそこそこ貰えるのだろうと思っていたのだが、それは幻想だった。
そして、給料は5年後も対して変わらないだろう。
5年先輩。10年先輩を見ても、経済的な豊かさは全く感じない。
iPhoneすら持てず、格安アンドロイドのスマホを持っていたり、同じ服ばかり着ている。
結婚して、子供がいる諸先輩は、僕よりも生活がキツそうである。

そして、僕もこの会社にいる限りそうなるのだ。

年収が高い会社にいる人はこの感覚はわからないだろう。

仕事が増えても給料は増えない

私は入社7年目である。
そこそこ真面目に仕事をしているので、ちゃんと業務遂行能力は向上している。
その証拠として、どんどん担当する仕事が増えている。

にもかかわらず、給料は増えない。
仕事は増えているにもかかわらず、給料は上がらない矛盾。

入社したては、新しい仕事に触れて、能力アップして楽しかったのだが
今となっては、給料が増えないのに、仕事だけ増えてダルい。
勤続年数が増えるほど、コスパが悪くなる。

会社の業績が慢性的に良くない

勤め先の会社のターゲット人口は減り続けている。
その流れに沿って、売上は毎年右肩下がりである。

具体的な対策も取れず何年もやり過ごしているがそろそろ限界が近いのではないかと感じる。

というのは、来年度の予算がかなり厳しい。
私、理系で生産技術を担当しているので、来年度の予算は何が通るか知ることができる立場である。
現在、2020年1月であるが、来年度(4月から)の予算はかなり厳しい。
今まで通っていたような予算が通らなくなっている。
ここまで節約された予算は初めてだ。
今まで、外注して頼んでいたような業務は、予算が取れないと自社で行うしかない。
会社のカネがなくなると、社員は仕事が増えるのだ。

売上を増やす抜本的な対策を行っていないので、このまま予算は絞られ続ける。

転職をしようと思ったまとめ

という事で転職したい理由をだらだら書きましたが、まとめると
仕事が増えてきた割に給料が増えていない矛盾を感じていたタイミングで、業績も悪くて、外注費が削減されてさらに仕事が増えそうな予感がしたからです。
今までホワイトだった会社は、だんだん、給料が少なくて仕事が増えるグレーな方向に変わり初めている事をやっと気づいたのです。

コメントを残す