RX-8のアクセルペダルにシムを入れてヒールアンドトゥをしやすくする

RX-8のヒールアンドトゥがやりにくいので、アクセルペダルにゴムシートを入れてみた。RX-8はアクセルペダルがブレーキペダルよりも奥にあるので、ブレーキを踏みながらアクセルをあおりにくいです。

社外のアクセルペダルに交換する人もいるみたいですが、スマートな純正スタイルを崩したくなかったので、ペダルにゴムシートを挟んで、ペダルの位置を1cm前に出しました。5mmも試してみたのですが、1cmの方がペダルの操作がやりやすいです。

具体的な方法を紹介します。

具体的な方法

まず、アクセルペダルを取り外します。黒いネジがもともとのモノで、3本でとまっています。今回は10mm長いネジを用意しました。

RX-8アクセルペダル

ゴムシートは厚さ5mmのものを用意しました。貼り付け用のテープ付きです。これを2重にします。

RX-8アクセルペダル用ゴム

アクセルペダルの形をペンで下書きして、ハサミとカッターナイフで切り取ります。

RX-8アクセルペダル1

ドリルで穴を開けます。

穴あけ

こんな感じになりました。

RX-8ペダル

2枚のシートを重ねるとこんな感じです。後は取り付けるだけです。

RX-8ペダルとシム

取り付けスペースが狭いので大変ですが頑張りましょう。ナットはソケットがあると便利です。作業中に他の車にぶつけられたり、ひかれたりしないように安全な場所で作業しましょう。

 

取り付け後の操作感

かなりやりやすくなりました。この加工前は、ヒールアンドトゥなんて軟体動物じゃないと無理やん。足やわらかないと届かへんし。

なんて思っていましたが、勘違いでした。

止まった状態で、ブレーキを踏みながらアクセルを煽れるようになりました。これが出来ると、軽い坂道発進なら、サイドブレーキが無くても、アクセルを煽ってから急いでクラッチをつなげば間に合います。

これからは、走行中のシフトダウンでも出来るように練習していきます。

ゴムの加工は素人感がでていますが、実際に取り付けてしまうと、足元なので細かい所は見えません。いわれないと加工していることに気づかれないでしょう。

 

まとめ

・1cmのシムを挟むとヒールアンドトゥがやりやすくなる。

・取り付けネジを長い物に交換しましょう。

・見た目は綺麗にできた。