ホワイト理系の転職日記:転職を決断すると今の職場の景色が変わる

転職を思い立ってからの出勤。
景色が違う。

仕事は頑張っても給料は上がらない。

では僕はなんの為に仕事を頑張っていたのだろうか?
そんなに頑張っても仕事をやめてしまえば、何にもならない。

頑張っても頑張らなくても年功序列で給料は決まるし、
他人の為のマニュアル、ルール、システムを作っても、結局会社の為であり自分に恩恵があるのだろうか。

今の会社のやりかけの仕事、根本的な問題。
これらから開放される。

今まで、会社をやめる事なんて考えた事もなかった。
それが無意識のうちに自分を追い詰めていたのかもしれない。

別に嫌なら今の職場から退いてもいいと思うととても気楽な気分になった。

他の社員も転職を考えているのだろうか?

社会は転職をおある。
駅の広告、テレビCM、インターネット広告は、転職を煽る。
至るところで転職の広告を見る。

彼らは、人を転職させると、その転職した人の年収に応じて報酬をもらう。
人を転職させると儲かるのだ。
だから転職を煽る。

僕は常に転職の広告を見せられているし、僕と同様に、今の会社の社員も転職の広告を見せられている。
会社の同僚も転職を考えている可能性は大いにある。

今の会社の慢性的な悪い業績を冷静に現実的な目で受け止めると驚く事ではない。
優秀で賢明な人間なら、現実を直視して転職を考えるだろう。
転職をせずに残っている社員は無能ばかりかもしれない。
行動力の無い無能が集まる会社に未来はあるのだろうか。

有給を取ると、彼は企業の面接に行くのか?と思う。考えすぎだろうか。

求人をネットで検索する

実際に転職をするにしてもいい会社はあるのだろうか?

ネットで検索する。
何も登録しなくてもある程度の情報は見れる。
私は理系で生産技術の仕事をしている。
メーカーで生産技術の仕事を検索すると、まぁいろいろ出てくるのだが、給料は今の会社より多い求人ばかりだ。
しかし、仕事がハードなのかもしれない。
海外勤務になるのかもしれない。

私既婚で海外には行きたくない。
嫁が働けないからだ。
国内で嫁と共働きがいい。
1人で稼ぐより、2人の方がいい。

多少給料が高いからと言っても、嫁が働けなくなると、世帯年収はどうなるか考えるべきである。

とにかくネットで漫然と検索していても、飛びつく程いい求人は見つからない。

給料はいいけど、仕事がハードそうな気がする。

リクナビNEXTに登録した

そこでどうするか?
リクナビNEXTに登録した。

私、ちゃんとした大学を卒業して、ちゃんと真面目に働いているのです。
そのへんのふらふらした兄ちゃんとは違うのです。

インターネットで検索して見れる情報というのは、誰にでも手に入る情報なのです。

しかし、私は、違います。
私はふらふらした兄ちゃんとは違うのです。

転職サイトに登録すると、自分の卒業大学や職歴などを登録出来ます。

自分はこんな価値のある人間ですよ!
と登録できるのです。

すると、誰でもアクセスできる求人とは違った非公開求人なんてものがあるのかもしれません。

もしかしたら、僕のプロフィールを見て連絡をくれるかもしれない。
という事でリクナビNEXTに登録してみました。

アプリもあって、ネットで検索するよりも使いやすいので、しばらく求人を調べてみたいと思います。

コメントを残す