オイルエレメントの交換方法を写真付きで紹介する

オイルエレメントの交換方法について紹介します。
RX-8の場合は、ロータリーエンジンなので3,000キロでオイル交換をした方がいいとされています。という噂を信じて僕は、真面目にオイル交換をしています。(マツダの公式サイトを見ると5000キロでいいみたいですね。)
さらにオイルエレメントは、オイル交換を2回する毎に交換するべしと言われています。
なんだけどオイル交換の頻度が高いので、これを律儀に守るとオイルやエレメントの交換コストが地味に効きます。そこで僕はオイル交換とエレメントの交換は自分でやっています。
 
オイル交換の記事は検索すれば、詳しく書いてあるサイトがたくさんあります。
そこで、僕はエレメントの交換方法を詳しく紹介することにしました。
 

オイルエレメントの交換方法

オイルエレメントはオイル交換時に一緒に行います。オイルを取り出した後にエレメントを交換します。その後オイルを車に入れて完了です。

オイルエレメントの入手先

僕はホームセンターで購入しました。理由は安いからです。オートバックスなんかと比べると、数百円安いはずです。

今回はツインパワーとか言うフィルターにしました。

フィルターが自分の車に合うかどうかは、この左上に書いてある記号で確認します。オイルエレメント売り場には、車の適合表が置いてあります。トヨタの〇〇と言う車は、△△を使ってね。ということがわかります。

twinpowerエレメント
交換の手順の肝はここに書いてあります。
エレメント注意事項

準備するもの

オイルエレメント オイルエレメントレンチ

オイルエレメント
オイルエレメントレンチ
キッチンペーパー(普通に料理に使うやつでいいです。ホームセンターで買うと安い)

 

交換方法

オイルエレメント位置赤

まずはボンネット開けましょう。RX-8の場合は、赤丸のあたりにオイルフィルターがあります。まずはエンジンオイルを抜きましょう。オイルを抜く前にエレメントを取り外すと、オイルが溢れて大変なことになります。

また先にエンジンオイルを抜いておいても、少しは漏れてしまいます。なので、エレメントを取り外す前にキッチンペーパーを詰め込みましょう。

ケチらないのがポイントです。
またエンジン側のほうにエレメントが傾いているので、そっち側にオイルがこぼれやすいです。狭いですが頑張ってキッチンペーパーを詰めましょう。

ここで妥協してエンジンにオイルがダラダラかかると後悔することになります。

 オイルエレメント交換準備
オイルエレメント交換作業0

後はオイルエレメントレンチで取り外します。反時計方向にまわします。オイルが溢れましたが、ちゃんとキッチンペーパーで吸いとることができています。

オイルエレメント交換作業

ちなみにこれが外したエレメントです。

オイルエレメント取り外し

 

オイルエレメントの取り付け方

オイルエレメント取り付け

オイルエレメントのゴムの部分にエンジンオイルを指で塗っておきます。
後は取り付けるだけです。
ゴムのパッキンが当たるまで手で回します。そこから工具を使って、1周回します。結構硬いので、そこまでやればオイルは漏れないだろうと言う実感が沸きます。

後は通常通りにオイルを補充すれば完了です。
オイルの補充はレベルゲージを見ながら行うと思いますが、エンジンを回すと少し下がることがあります。車を走らせた後にもう一度レベルゲージを確認しておきましょう。
 

エレメントの交換は結構簡単

簡単にできるからか、写真を載せて詳しく解説しているところはあまり見つかりません。
だけれども、ホームセンターではエレメントは1つ1,000円程度で販売されています。

たとえ専用の工具を購入したとしても、お店で交換してもらうことと比べると工具代はすぐにペイします。

オイルエレメント交換
 

まとめ

  • エレメントの交換は簡単
  • エレメントの型番を間違えないようにね
  • キッチンペーパーは使える