不動産大家になるならマイナンバーカードの申請をしよう

マイナンバーカードって何の為に使うねん?
国家が国民を管理したいだけで、国民になんもメリット無いやんか!
と思っている人多いと思います。

僕も今まではそう思っていましたが、どうやら不動産投資家にとってはかなり便利なカードのようです。

そこで、今日は会社が休みだったので、マイナンバーカードの申請に行ってきました。

不動産投資をするのならマイナンバーカードがあるとめっちゃ便利なので申請しておいて損はありません。

申請してから発行されるまで1ヶ月程かかるようなので、マイナンバーカードを使う予定がある場合は早めに申請しておくといいでしょう。

マイナンバーカードのメリット

確定申告がネットでできる

不動産大家たるもの、確定申告が必要です。
サラリーマンで副業でやっている方でも、家賃収入があると申告が必要な不動産所得を得る事になるでしょう。

私は1号物件を手に入れまして、順調にいけば確定申告の必要がありそうです。

紙の書類を作って郵送したり、税務署に行ってカキカキするのはめんどうなので、確定申告をネットで済まそうと考えております。
今年分の所得を来年の3月までに申告しないといけないので、今からマイナンバーカードを申し込んでおけば十分間に合いそうです。

住民票がコンビニで発行できる

これも不動産投資家にとっては大きなメリットです。

不動産を購入して、所有権移転の登記をする際に住民票が必要になります。

サラリーマンをしていると、役所が開店している時間に行きにくいので、コンビニで24時間いつでも住民票を取得できるのは大きなメリットです。

物件を購入しようとすると、平日に現金を下ろしに行ったり、契約&決済をするので、会社を休む必要が出てきます。

さらに会社を休んで住民票を取りに行くとなるとめんどうなので、マイナンバーカードがあると便利です。

マイナンバーカードの発行方法

マイナンバー通知カードと申請IDが手元にある人は、お家からネットで申請が可能です。

しかし、通知カードが発行されてから引っ越しなどにより住民票を移した人は申請IDが回収されているはずです。
僕もこのパターンでした。

詳しくはお住まいの自治体のWEBページを見てください。

僕の住んでいる地域では、市役所に通知カードと身分証明書を持参して出頭。

申請書の記入。WEBカメラでの写真の撮影、暗証番号の設定、カードは本人限定郵便で送付してくれるという段取りでした。

まとめ

マイナンバーカードって何の役に立つねん!と思っていた人は多いと思いますが、不動産投資家は持っていて損はありません。

むしろメリットありまくりなのですが、メリットに気づかない人は自分でビジネスをしていない証拠です。
マイナンバーカードのメリットを理解しないで、マイナンバーカードなんて〜と言っているとはずかしいですよ。

お住まいの役所によると思いますが、申請に手間がかかるので時間のある時にやっておきましょう。

コメントを残す