経済的に自由なゆとりある生活を手に入れる為のロードマップ

人生のロードマップ

生活する為の労働から開放された、経済的に豊かな「ゆとり」ある生活を目指して、日々副業と投資に勤しんでおります。

ここでは、「ゆとりある生活」ってどんなんなん?ていう説明をします。

それを書くだけだと、「そんなん無理やろ」と突っ込まれて終わってしまうので、どうやってお金持ちになって、ゆとりある生活を手に入れるかという計画も書いておきます。

僕にとって、今はとにかく金を稼ぐフェースです。

お金持ちになりたいと思ったきっかけ

僕は金持ちになる事を人生の目標にしています。

私立の大学だったので、周りは金持ちの家のぼんぼんが多くて、いつも劣等感を感じてました。それで、こじらせました。

親が投資用に持っているアパートに住んでる息子。社長令嬢で送迎車で通学する娘。いいとこの生まれの子でタクシー通学。お気に入りのロンドンのショップについて語ってくれる女の子。
などぶっ飛んだレベルの金持ちから、親に車を買ってもらう小金持ちなど、いろんな程度の金持ちがいました。

僕は今まで、自分の家が金持ちでない事に気づいていませんでしたが、そしてそんな人達を日常的に目の当たりにしていました。
そして、家が金持ちでない事に劣等感を覚え、金持ちに嫉妬するようになりました。

働く事も嫌いだったので、バイトはほとんどやっていませんでした。
だから、お金は全然持ってなかったです。

昼食は100円のパン、うどんを打って研究室で茹でて食べる。(うどんは小麦から作れば1食10円くらいで出来ます。)
服は毎日同じ、電車代がもったいないから自転車で30分かけて通学する。
などなど生活コストを押えた生活をしていました。

女の子とデートに行くお金もなかったし、モテませんでした。

収入源は主にパチスロです。
開店前にパチンコ屋に並んでジャグラーの高設定台を狙って打ってました。(スロットには設定があって、お店が当たる確率を調整できます。全然出ない台ばっかりだとお客さんが萎えるので、出る台もあるんです。)
AKBのパチンコが導入された時は、ボーダーが甘いスペックなのにかつ、釘の調整が甘い台が多かったので美味しい思いができました。

毎日、朝からパチスロに行ってたので、午前の授業をサボっていたら、留年しました。

そんな事をしていても、大きく稼げる事は無く、周りの人と比較して自分の自信を失っていました。

お金に囚われた大学生活でした。

今でもお金がなかったから、自分の思い描いていた学生生活が送れなかったと悔やんでいるのかもしれません。

お金があっても幸せとは限りませんが、お金が理由で、劣等感が育ってしまった経験でした。

それから、僕はお金持ちに強く憧れるようになり、今の副業と投資活動の原動力となっています。
つまり、お金を稼ぐ事は僕の自己実現であり、自信を取り戻すための活動なのです。

 

僕がなりたい金持ち

どんな金持ちになりたいかと言うと、やっぱり
豪邸に住んで、ランボルギーニに乗って、ええ靴履いて、お姉ちゃんをはべらせて、なんてのがいいですね。

まんざらでもないですが、それは冗談としておきましょう。

とりあえず僕が目指すのは、
ゆとりのある生活を手に入れる事です。

あくせくお金の為に働く必要は無くなり、幾つかの収入の柱があり、経済的な不安を感じないでのびのび生きる状態を目指しています。

精神すり減らして血みどろになって働きまくるのは嫌です。
いくら、高い給料を貰ったとしても、労働に拘束されているようでは、ゆとりある生活とは言えません。

ゆとりある生活を実現するには、サラリーマンの仕事をやめる事になると考えています。
サラリーマンをしていると最低でも週5日8時間は拘束されるのでね。
お金があれば、サラリーマンの時間の拘束からも開放されます。

僕は寒さが苦手なので
冬は、暖かい南の島に一時避難して暮らすなんていう事もやってみたいです。

僕はやりたい事を100個リストにして、明確化しています。
こうする事で、このリストを見て自由を手に入れる為のモチベーションを保てます。

僕の人生のやりたい事100のリストはこちら

好きな事を仕事にしている自分を想像して人生でやりたいことリスト100を書いてみた

2017.01.09

とまぁ、散々好き放題書きましたが

これを実現するには経済的自由を手に入れる必要があります。

口だけで「金持ちになりたい」と言っていてもしょうがないので
僕が実践している金を稼ごうとしている方法について紹介します。

 

経済的自由を得る方法

何度も言いますが、経済的自由っていうのは、お金の為にあくせく働く必要の無い事です。
あくせく働かなくていい身分になる為には、お金が必要です。

最低限、生活できるだけの不労所得収入があれば、サラリーマンを辞める事は可能です。

投資で不労所得を考えてみる

投資で得られるお金だけで生活しようとするには、大金の元手が必要です。

米国のコカ・コーラやP&Gなどの高配当株を持っておけば
年利3%の配当を貰う事は簡単です。
年利3%というと、定期預金と比べると破格なんですが、これだけで生活するとなると結構ハードルが高いです。

1億円分の株をドカっと買ったとしても、300万円にしかなりません。
2億で600万円です。

要するに、配当金だけで生活しようと思ったら、1億~2億円をドカッと米国株に突っ込む勇気が必要です。

そもそもどうやって2億円を集めるねん!という話になるのです。

これだけのお金を貯めるには、だらだらサラリーマンをしていては無理です。
頑張って節約して到達できるレベルでもありません。

そこで、サラリーマンとして働く傍ら、別の方法でガッツリ稼がないと
経済的自由を手に入れる事はできないのです。

サラリーマンを頑張っても「ゆとり」は手に入らない

サラリーマンで出世して金持ちになろうと考えている人もいるかもしれません。
もしあなたが大企業に勤めている場合は、優秀な人が集まる中で、圧倒的なパフォーマンスで仕事をこなして、結果の差を出せば出世できるでしょう。
でも、これってめちゃくちゃ大変です。僕はこういうの出来る気がしません。

それだけ能力あるなら会社の中でやらなくても、自分でビジネスやれば成功するんちゃう?ってます。

会社によっては、出世しても大して給料が上がらない事や、そもそも出世が見込めない状況の人もいるでしょう。

僕の会社の場合は、課長になれば、年収1000万円になります。
やけど、年功序列が根強いので、最短で課長になったとしても40歳です。

んで、そっから、節約した生活をしながら金を貯めて不労所得で生活するには何年かかるでしょう。
しかもその時点でサラリーマンを辞めようと思っても、給与以外に収入を得る方法を知らないので、現実的には仕事を辞めにくいです。

そもそも、そんな年まで社畜するとか嫌です。
また、もう一つの指摘があって、出世すればするほど、会社の拘束力が高まる事です。
部下の管理に無理難題の解決。会社からの連絡に休日でも対応しないといけない。
などなど、自分の自由な時間は出世すればするほど減ります。

サラリーマンで出世する事は、収入は多少増えるかもしれないけれど、
ゆとりある生活には反対の方向に進んでしまいます。

経済的にも時間的にもゆとりある生活を送るには、サラリー以外で稼ぐ必要があります。

 

今の僕がやってるお金を稼ぐ方法

投資信託の分配金

分配金とは投資先がその月に儲けた利益を出資している人に毎月分配してくれるお金のことです。
これは、寝ているだけで毎月入金されます。
こういうインカムゲインは、心にゆとりを与えてくれます。

今のところ100万円部のの投資信託を持っていますが、毎月2.5万円の分配金をもらっています。
1000万あれば、寝てるだけで、月に25万も入って来ます。うっひょー!夢が広がる!

だけど、こいう投信の評価額が下がり続ける事が多いので、貰った配当の額と含み損を勘定する必要があります。
投資額に対して、分配金が多すぎる場合は注意が必要です。

 

ブログとアフィリエイト

ブログとアフィリエイトは僕にとって精神安定剤みたいなもんです。
サラリーマンの仕事を一生続けるとか正気じゃないと思っているので、それからいつの日か脱出できると事を夢見てブログとアフィリエイトをしています。
これがないとメンタルを保ってません。
逆に副業していないサラリーマンってどんな気持ちで働いてるのって感じです。

ブログ

今んとこ、月に3000円くらいです。んま、このブログの今後の成長に期待です。
自分の好きな事を好き放題書いて、お金は後からついてきたらいいかなって感じでやってます。

アフィリエイト

ライターさんに手伝ってもらってサイトを作っています。報酬の高い激戦のジャンルに飛び込みました。
アフィリエイトのサイトは、お金を稼ぐためにあるので、稼げるジャンルで稼ぐ為の記事を書くことを考えてやってます。
月に100万円くらい稼げるようになりたいです。そしたら、5000万円とか1億貯めるのが見えてくるのかな。

 

優待バリュー株の投資をやってます。
V-com2さんの本を読んで、そのまま実践しています。

優待が貰えて、割安で、今後の成長が見込める株に投資したら儲かるやん!っていう投資法です。

そんな株、見つけるんが大変やん、という声が聞こえて来そうですね。
しかし、これを見つける方法があるんです。

しかも超具体的に解説してあるので、この本を買えば
V-com2さんの投資法が再現できます。

高額の情報商材にしてもいいちゃうかという程、具体的に書いてあるので、
買う価値あります。

 

 

儲かる割安な銘柄の見つけ方

簡単に本の内容を紹介します。問題があれば、権利者の人、申し出て下さい。

「割安な銘柄を見つけてそれに投資しろ!」
とはよく言われる事ですが、割安で成長力のある銘柄を東証一部の中から探すのは大変です。
誰もが知っているような銘柄が東証一部に上場していて、成長力のある会社は既に人気があるので
株価が安く放置されている事はほとんどありません。

逆に、東証一部でPBRやPERが低く、一見割安に見える銘柄は
多くの人が「その銘柄に投資しても儲からないな」と判断された結果です。
業績が悪かったり、将来性が見込めない銘柄の場合もあります。

そこで、東証二部に目を向けると、割安な状態で放置されている株が見つかります。
その中でも、将来、東証一部に昇格する勢いのあるグングン成長する株に投資しよう!!

そしたら、将来の株価上昇で儲かります!!

という内容です。この本では、東証一部に昇格するグングン成長する株の見極め方を、超具体的に書いてあるので、この本を読めば、マジで株で儲ける事ができます!!

僕は、この本を読んで実践してからかなり稼げています。

安定的に稼ぐフェーズ

とにかく稼ぐフェーズを達成した後は、安定的に稼ぐフェーズに移行します。

今のうちにたんまり稼いで、将来的には安定した投資先に再投資します。
定期的に安定した収益があるのは最高ですね。
その状態になれば、余裕でサラリーマンを辞めても大丈夫です。

今の現状では、副業の収入に安定性がなくても、
本業があるので生活に不安を感じる事はありません。

しかし、サラリーマンの本業を辞めるのであれば、
今の副業を安心感のある利益構造に徐々に変更して行く事が必要です。

ブログ、アフィリエイトは、今後数十年後も安定して稼げるかどうかわかりません。
あと5年くらいすると、企業やプロブロガーのような本気の発信者がSEO界の覇権を握り
個人が手を出すスキのないレッドオーシャンとなっているかもしれません。

また、今の株の投資スタイルは、中期間(数ヶ月から数年)で株価の値上がりを狙う戦術です。
株の保有中は収入が発生しないので、毎月の生活のアテにしにくいです。

そこで将来は、不動産投資とか、米国の高配当株に投資したらいいのかなと考えています。

不動産投資

ブログで300万円くらい溜まったら、不動産投資やってみたいですね。
300万円借り入れして600万円くらいの一戸建てを買うとする。

金利3.6%・期間20年で借りたとしたら、月2万円の返済になるので
家賃を7万くらい取れれば、手残り5万円になります。

不動産投資は、入居してくれる人がその物件の地域にいるかどうか見極める
マーケティング能力があればできるんじゃないかと思っています。

米国高配当株

米国には、日本よりも断然利益率が良くて稼ぎまくってる会社が沢山あります。
儲かる仕組みを作るのが上手いのでゴリゴリ働かなくても儲かる印象なので、安心して投資出来ます。

また株主に還元する考え方が根付いているので、配当利回りが3~4%の会社はざらにあります。
会社が配当は年4回あって、銘柄により配当月がバラバラです。
うまく銘柄を分散させれば、毎月配当金を得ることも可能です。

米国株投資の魅力が存分に語られた本といえば
バフェット太郎さんの本が有名です。

投資本のインテリぶった高飛車な雰囲気がなく
サクッと読みやすい煽り気味の文章が面白いです。

原資が多い人が確実に資産を増やす守りの投資手法について具体的に解説してあるので
この本も買う価値があります。

まとめ

とまぁ、偉そうにこんな事やってるんだぜ!とつらつら書きましたが、結果がでるまで続けないと絵に書いた餅です。

理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし

という事で、僕はなりたい自分も分かったし、こうやって実現するという方法も揃えたし、後は実行するのみです。

まじで、やりますよ。