1号物件案件ほぼ完了と次の物件

1号物件はいよいよ入居が決まりそうです。
はじめて物件を購入したのが4月で、それから6ヶ月でフィニッシュです。

はじめての物件だったので、どこをどの程度リフォームしたらいいのかさっぱりわからず、大いに思い悩みましたが、
もともと自分で工作をする事が好きなタイプだったので、DIYのリフォームは楽しかったです。

いざ入居者が決まってしまうと、何もやる事がありません。
リフォームをしたい創造欲を持て余してしまうので、早速次の物件が欲しいと考えている次第です。

ボロ物件再生投資は、労働力投入をカネに変える事がミソなので、常に物件を持ち、暇があれば労働力を投入する事が全速力で走る事でもあります。

そこで、今後の物件の購入について考えてみました。

1号物件の進捗状況

1号物件には、物件の近くに住む娘が入居の申し込みをしてくれました。
無事に保証会社の審査も通っております。

また鍵の交換費用2万円を既に管理会社に払っているようで、今更引き返しにくい状態まで進んでいます。
鍵の交換については何も聞いていなかったのですが、管理会社が入居者から既に徴収していたので、
管理会社に鍵の交換もお願いしています。
僕が激安で鍵を交換して差額を頂いてもいいのですが、それくらいは管理会社に儲けて貰ってもいいかと考え、おまかせしました。
もともと管理会社が上げた売上ですし。

今月の20日に契約、28日に入居の予定です。

入居するまで安心できませんが、このまま入居して欲しいです。
気になる点は、実家が違いのであえてわざわざ家を借りなくてもいいやん。
というのが気になります。

入居前にやったこと

そろそろ入居するという事なので、テレビの受信の確認、畳の掃除、トイレのボールタップの部品の交換をしました。
トイレの水の流れが悪かったのですが、改善してやっておいて良かったです。

次の物件をどうするか

同じ地域で欲しいです。
これが第一希望です。

というのは、業者さんとのつながりが既にあるからです。

物件購入の時にお世話になった担当者とは気軽に話せるようになったので、次の物件を買うにも話が速いです。
指値の相談もしやすいですし。

さらに、地域で一番いい客付け業者と管理会社がわかったので、物件を購入してリフォームが終われば後は彼らに丸投げしておけば後はやってくれるので楽です。

これらをゼロから構築するにはそこそこ労力がかかるので、多少高くても同じ地域で買う価値はあります。

また、続けて物件を増やしているとその地域の大家として存在感も出できます。
地域の業者に「こいつは若くてやる気があるな」と思われるといいことがあるかもしれません。

しかし欠点がいくつかあって
私の住んでいる家から少し近い。
土地値がちょい高めなので連棟テラスハウスしか買えない。
勤め先の人が同じ地域に住んでて遭遇したくない。

などが気になるポイントです。

私の住んでいる家から車で30分くらいのところに土地値が安い地域があるので
そちらもええかと思案してるところです。
こっちの物件の方が安いので買いやすいので、こちらも気になっています。

コメントを残す