幸せになるには今ある事を好きになる事

意識高い人にありがちなのが、今の自分を否定してしんどくなる事ってあると思います。僕もそれでこじらせてました。でも考えを変えてから、すごく気楽になれました。

今の現状に不満ばっかり言ってると、自分がしんどくなります。
「自分の給料は16万しかない。あー。これじゃあ、一生、社畜リーマンさ。働いて寝て年老いて行くのさ。。。

なんて事をばっかり考えていると気分が暗くなります。もし自分がその状況を変えたいのなら、変わるように行動する必要があります。僕は副業をやりながら、暗中模索しているところです。

目標を立てるのも難しくて、高すぎる目標を立ててしまうと、現実とのギャップが明確になり辛くなってしまう時があります。

そんな時は、今の自分を受け入れてみましょう。

そうすると気分が楽になります。

先日900円の時計を修理して、また使えるようになりました。たった900円でも、自分が大好きなお気に入りの時計ならうれしいものです。ここに幸せってあるんやなと気づきました。

F-91Wのベルト交換は物を大切にする喜びを教えてくれる

2017年2月13日

 

最新のMacは君にとって必要だろうか?

例えば、Macで考えてみましょう。毎年のように新しいモデルが発表されますが、その度に「俺のMacより断然スペックが上がってる。しかもデザインまで変わってしまった。。。」と落胆していては疲れます。毎年、買い換える事ができる人はそんな悩みがないかもしれませんが、多くの人はそうじゃないです。

今あなたが持っているMacを手に入れた時の事を思い出してみて下さい。

薄くてスタイリッシュなMacを手に入れた時のウキウキした気分を。カフェでどやったことだってありますよね?

(僕は、通勤の電車で毎日どやってます)

あなたは、自分の用途からそのMacに十分の性能があると判断して、そのMacを購入したはずです。

新しいMacが発売されたとしても、そのMacはあなたが使うに十分なもののはずです。(あなたの使用用途がより高度な処理を求める作業に変わった場合は別ですが)

他人と比べることは危険

新しいMacが発売されたからといって、あなたのMacの魅力が損なわれるわけでもありません。そりゃ比べると、機能に違いはあるでしょう。

だけど、比べる行為は危険で、上には上がいます。そんな事を言いだしたら、フルスペックにカスタムしたMacしか使えなくなってしまします。

自分が本当に欲しい物を手に入れよう

よりよい物を手に入れても、さらに良いものを持っている人は世の中にいます。比べて劣等感を感じて、さらに良いものを手に入れてる。でも上には上がいるから、また劣等感を感じるという無限のループに落ち込んでしまいます。

だから物を選ぶときは、自分がそれが欲しいかどうかで選ばないといけません。他人よりもいい奴だからという理由で選んでしまうと、より良い物を持っている人に会うと劣等感を感じてしまいます。それって悲しいですよね。

自分が好きで好きで仕方ないものなら、他人との比較する発想すら湧いてきません。

自分の大好きなモノと過ごす幸せ

今日もお気に入りのMacでネットが出来る。ブログが書ける。ってそれだけで幸せじゃないですか。

なんなら、Macを使い込んで、自分の相棒のような存在になった時には、壊れたとしても修理して使いたいと思うでしょう。もし、重篤な故障で寿命を迎えたとしても、それだけ使い切ってあげたという喜びが生まれるでしょう。

PCだけじゃなくて、車だっていくら古くなっても大事にメンテしてやれば、調子よく動くし、長く乗るほど愛着が湧きます。工具だって、自転車だって、革靴だって、何でも大切に使ってきた物は、それが使えるだけで幸せを感じさせてくれます。

そこに、値段がどうとか、他人よりスペックがどうとかの比較なんてのは存在しません。

だから僕が物を選ぶ時は本当に気に入った物を選びたいと思うし、そんなに気に入るものって世の中にそんなに多くないから、多くの物を持たなくなります。これは、ミニマリストとかシンプルライフの考え方に近いんじゃないかなと思ってます。

沢山の物とか高い物を持つ必要なんてなくて、自分の気に入った物を持てば、幸せを感じられます。

 

大切にしたら幸せを感じれるのって物だけじゃなくて、すべての事に言えます。

例えば会社で働く事

会社で働くのはだるいけど、毎月給料が貰えるので、最低限の生活は保障されます。

仕事がなかったら、飯食えないし、このMacでこのブログを書くことも出来なかったし、彼女と遊びに行く事もできないし、車も買えなかった訳です。そう思うと、会社で働くのはだるいけど(何回でも書きますよ)そのおかげで、豊かに生活できてます。

会社で働く事を好きになるっていうのは、ヤバい感じがしますが、

せめて「会社のおかげで、今の自分の生活が成り立ってる側面はないことはない」っていうくらいにちょっとでも認めてあげると、会社で働くのが少し楽になるかもしれません。

人間関係も同じ

友達や彼女、家族だって、大事にすればする程、それだけ答えてくれます。

彼女を大切にすれば、それだけ彼女はそれだけ僕の事を思いやってくれます。そういう関係になると、僕は彼女が喜んでくれるであろう事をしてあげるだけで、自分が幸せな気分になってしまいます。

彼女からの見返りを期待してるんじゃなくて、純粋に彼女が喜んでくれる事が嬉しいんですね。

無償の愛ってやつです。

まとめ

自分の持ってる物とか、所属している組織とか、周りの人とか。それを好きになれば、幸せな気分になれるんだぜ!って話です。ちょっとキモいかな。どうかな。でも27の僕はマジでそれが、人生を気楽に生きるライフハックなんやと、マジで思ってます。

コメントを残す