RX-8のエアフィルターの交換をしたよ!蛇腹のゴムの外し方も解説

たまにはエアフィルターの交換をしよう

エアフィルターは、エンジンに入る空気にゴミが入らない用にするためのフィルターです。これを交換しないと、フィルターが黒くなったり、ゴミが詰まって吸気効率が下がります。僕が交換した時は、葉っぱや虫がフィルターに詰まっていました。

エアフィルターの交換

RX-8エアクリボックス

エアフィルターを交換するには、RX-8の場合、エアクリボックスをある程度外す必要があります。

これを外すのが硬いんだけど、マイナスドライバーを使って頑張れば出来ます。(ちなみにエアクリボックス下のネジは外す必要はありません。)

エアクリボックスのフタを蛇腹のゴムから抜き出すと、ボックスのフタを持ち上げる事ができます。その隙間からエアフィルターの交換をおこないます。

また、エアクリボックスを蛇腹のゴムから抜くと、プラグコードの交換も出来るので、ついでにプラグコードとプラグを交換してしまうといいかもしれません。

 

エアクリボックスの外し方

コネクタを外そう

エアフィルターコネクタ

コネクタは2箇所あります。緑のコネクタは、コネクタ右部を押しながら外します。黒のコネクタもコネクタ右部を押しながら外します。間違った所を押えていると、一向に外れません。僕はこれで、ハマりました。

 

蛇腹を外す

エアフィルター蛇腹ゴム

まずは、蛇腹ゴムのナットを緩めます。

10mmのソケットで緩めました。ここはもうダルダルに緩めといたらOKです。だけど四角ナットを落とすと大変なので、ナットが落ちない程度に緩めます。

蛇腹をひたすら押しながら、エアクリボックスを引き上げる

これを手でやろうとするとかなり難しいです。僕はマイナスドライバーでエイヤっと押し出しました。

ここは大胆にやらないと、外れません。これが一番大変です。エアクリボックスが傷つくのがいやなら、ドライバーにビニールテープを巻いて作業するといいです。

(僕のは、既に傷ついてて悲しい。あのショップかな。こういう目に見えない所を雑にやるショップは最低です。信頼出来る店に頼むか、自分でメンテできるようになりましょう。)

蛇腹のゴムを押し込んだすきに、エアクリボックスの筒部分を持ち上げて、スポンッとはずします。

エアフィルターの交換

RX-8エアフィルター交換

蛇腹のゴムから抜き出す事ができたら、やっとエアフィルターにアクセスできます。

エアクリボックスのクリップを外すと、エアクリボックスのフタを持ち上げる事ができます。この隙間を覗くと、エアフィルターがチラリ。引っこ抜きます。

エアフィルターの新旧比較

エアフィルター比較

んー、古い方は黒くなってますね。中古で購入した車なので、何年替えられてないのかわかりません。

よく見ると、蜘蛛や小さな葉っぱが詰まっています。替えてよかったです。

向きを間違えないように確認して新しいエアフィルターをセットします。

まとめ

蛇腹のゴムを外すのが大変ですが、大胆にやれば、できます。

エアフィルターを新品にすると、吸気効率が上がって、トルクが上がったような気もするので気分も良くなります。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す