30歳になって健康面に気をつけて自分のパフォーマンスを引き上げる

今日、スーパーで買い物に行くと顔と首の境目のないダルダルの肉をつけたおばさんが、買い物カートにカルピスをピックアップしていました。
そんなカラダでまだ甘い物を飲むのか!そんな事をしているからそんなカラダなのだ!
と誰もが指摘したくなるような光景を目にしました。

誰しも自分の悪い習慣を自分で気づいて治す事は難しいのでしょうか。

私かれこれ30歳になりました。
そろそろ体調にも気をつけないといけないと思うようになりました。

今日は自分のカラダの体調についてアカン事に気づいたので、ここに記録してそれはしないとここに誓い、戒めとしたいと思います。

どうやら30歳になり、今更ながら自分のカラダについてわかった事があります。

体調がいいとパフォーマンスが上がり、いい仕事ができるはずです。
盛った言い方をすると体調管理でカネが稼げるとも言えるでしょう。

あくまでも僕の場合の話です

この記事ですが、僕のカラダの体調について書いているので、万人に当てはまらないでしょう。
自分のカラダを見つめ直して、自分にとってどういう習慣がいいのか考えて見て下さい。

1.食べすぎない

食べ過ぎは良くないです。
私は細身と言えば聞こえはいいですが、ガリ体型です。
いくら食べてもほとんど体重が増えません。

その為、たくさん食べても太らないんだ!いい体質を持って生まれてきた!
と思って、夜中にラーメンを食べまくったり、もっと筋肉をつけるにはもっと沢山食べないといけないと思って、
食べ過ぎる事が多かったのですが、良くないですね。

食べ過ぎると胃が消化にエネルギーを使うので、脳が働きません。

また、夕食を食べ過ぎると寝る時にも胃が働いている状態になってしまうので、あまり良く寝れません。

夕食は特に気をつけて、腹八分目にする事が大切かと思われます。

また、ラーメンが大好きなので大盛りや替え玉をポンポン食べてしまう癖があったのですが、これもダメです。
血糖値が一気にあがり頭がぼーっとするので、パフォーマンスが下がります。
ラーメンは並盛りで、大盛り、替え玉禁止です。

2.コーヒーは飲まない

マイルールの2つ目としては、コーヒーを飲まない事です。

仕事に集中したり、リラックスする為にコーヒーを飲む人は多いですが、私のカラダには合いません。
刺激が強すぎて、飲んだ後に頭がぼーっと痛くなったり、全身がだるいような症状になります。

私はアルコールにも弱いので、刺激物は合わないのでしょう。
コーヒーが黒い事も気になっています。
あんなドス黒い液体を飲んでも、尿となると透明の黄色い液体として出てきます。
あのドス黒い成分はカラダでろ過されているのでしょうか?
あの液体がカラダにいいとは思えません。

しかし、私スターバックスは好きです。
本を読んだり、手帳を書いたりして過ごします。
ブラックなコーヒーは飲めないので、ミルク入りのカフェラテを飲んでいましたが、
やはり、カフェラテでもカラダに不調をきたします。
今日の朝にコンビニで買った「ミルクたっぷりカフェオレ」でも不調が出たので、やはりコーヒーはダメなようです。

スタバで牛乳とか飲めるんですかね?

まとめ

自分の中では当たり前のように食べまくっていましたが、これは誰がどう見ても悪しき習慣です。

腹八分目を心がけます。

また、コーヒーもあかんようです。

これら2つの習慣を守ると僕の体調はすこぶるいい状態を保てます。

30歳になったので体調に留意して今後もカネを稼ぐ事を考えて行動していきます。

コメントを残す