1号物件のDIYリフォームはそろそろ終盤

1号物件のリフォームはそろそろ終わり

1号物件のDIYリフォームはだいたい終わりが見えてきました。

素人が金曜日の夜と土曜日を費やしてリフォームして2ヶ月かかりました。
(日曜日は家族サービスの時間です。)

洗面所の排水配管をつないでなかったり、押入れにゴミを置いてあったり見えない場所にやる事はありますが
写真に撮ると、外見だけは綺麗に見える状態には持ってこれました。

畳の表替えも依頼してあるので、今週末の土曜日に納品です。
ここまでDIYでリフォームをやってこれて感慨深いものがあります。
リフォーム前後の部屋がきれいになる様子を写真で撮っておいたのですが、これを眺めてニヤニヤしてしまいます。
これがリフォーム前の写真です。

ほんで、こっちは壁紙を貼って綺麗にした状態の写真です。
下塗りシーラーを塗って壁紙を貼付けました。

振り返れば、初めての不動産投資&リフォームだったのでかなり労力をかけておりました。

壁紙を貼るにしてもどうやって貼ればいいのかわからないので、YouTubeみたり
道具は何が必要か調べたり、そもそもどこまで直すのか悩んだり、かなり頭の回転を消費しました。
道具の買い出しだけでもかなりの時間を消費しました。

砂壁はそのままにするか?直接壁紙を貼るか?下地処理をして壁紙を貼るか?いやいやそこまで手間をかけるなら、石膏ボードを貼るか?
いややっぱりそれは手間かけすぎなので、直接壁紙を貼ろう!
でも本当にそんな事して大丈夫なんだろうか?

階段の壁紙は足場無いと貼れないけどどうしようか?洗面台は交換するか?
洗面台はお湯がでないけど、それでいいのか?電気温水器をつけるのか?

風呂の床には、シートを貼ろう!でもシートの接着剤が高すぎるからもっと安いものはないだろうか?

何をどこまでやったらいいのか?それはどうしたらいいのか?

という事に、多大な時間と労力を消費しました。

でもでもでもでも、次からは簡単にリフォームできる自信があります。
何をどこまでするかもわかるし、やり方もわかるし、DIYにかかる脳の回転をかなり節約できます。
低労力でDIYリフォームできるって訳ですね。

無形の資産の蓄積ってやつです。

不動産のDIYリフォームをやらない人もいますが、僕にとってはリフォームが楽しすぎてどんどんやりたいです。
1号物件で得たスキルを活かしたくてたまらないので、早く次の物件を購入したいですね。

これで本格的に入居者の募集ができる

まだリフォームは終わっていませんが、見てくれだけは整える事ができたので、ガッツリ綺麗な写真を撮ってもらって、入居者の募集ができます。

今までも一応募集はしておりましたが、ここからが本番でしょう。

リフォーム中にも2名の内見者がありましたが、リフォーム材料や工具が散乱した状態だったので決まりませんんでした。

ここから、どれだけのスピードで客付けができるでしょうか。

決まり具合によって、ちょこちょこっとリフォームを追加するかもしれませんが
それは、内見の結果次第ですね。

今後の作戦

リフォームが終盤にさしかかり、少し時間的な余裕ができてきました。
材料の手配や工事の段取りを考えるので手一杯だったのですが、最近はもう前日に段取りを考える程度です。

そうやって時間ができると考える事は何か?
それは、次の物件の事です。

同程度の金額でもう一つ買いたいですね。

まぁしかし、次を買うときは1号物件の家賃が入っているので、そこから支払える範囲であればファイナンスも使ってもいいかと思います。

100万円現金で100万円ファイナンスでしょうか?
もっと引いてもいいかもしれません。

とにかく次の物件を購入する物件のカネを貯める事を考えます。

貧乏なうちは歯を食いしばって頑張りましょう。

コメントを残す