階段の壁紙は木材で足場を作ってDIYで貼り付ける【高所恐怖症でも頑張った】

僕はDIYでボロ物件をリフォームしています。
1号物件を手に入れて、素人ながらに壁紙を貼って楽しんでいたのですが、
壁紙貼りの中でも最難関の壁に挑戦します。

階段の壁の壁紙を貼るかどうか?

それは、階段の壁紙です。
階段の壁って高いので、手が届かいないし、普通にすると脚立を立てる事ができません。

「もう、階段貼らんとこかな。でも、繊維壁から出るホコリがポロポロ落ちてくるし、やった方がえんのはわかるけど、手届かへんしどうしたらええのやろうか?」

とウジウジ悩んおりました。

んまでも、そういうふうに「やるべきなんだけど、やりたくない」という事は逃げずにやった方が良さそうなのでやることにしました。

高所作業は一人でしない

階段の壁紙貼りは高所作業です。
最悪、転落して頭を打つと天に召す可能性はゼロではありません。
そこまで逝かなくても、強打して意識がモウロウとなるかもしれません。

もし転落してもすぐに救急車を呼んで貰えると助かるかもしれないので、一人での作業はやめましょう。
たまたま学生時代の友人が作業を手伝ってくれるという事だったので、その日に壁紙を貼る事にしました。

あとヘルメットもしましょう。
そんなんダサいよと思うかもしれません。
僕はとあるメーカーに勤めていますが、工場ではヘルメットの着用が義務づけられています。

DIYで行う作業は、「その作業危ないよ!」と指摘してくれる人がいません。
自分の安全は自分で確保しましょう。

足場の作り方

足場はホームセンターで売っている2☓6材を使用しました。これだけ太いとガッシリしています。
階段の幅を図っておいて、階段の梁?に引っ掛けました。


これで階段の高いところの壁にも手が届くようになりました。

あとは気合で貼るのみです。
加藤ひろゆきさんの言うところの、歯を食いしばって頑張るしかありません。というやつです。

階段に壁紙を貼って良かったこと

階段が明るくなりました。白い壁紙は光を反射してくれるので、部屋の雰囲気が明るくなっていいですね。

歯を食いしばって気合で壁紙を貼ってよかったです。

真似される場合はくれぐれも怪我のないようにして下さい。

このブログを参考にして怪我をした!と文句を言われても僕は責任とれませんよ。

責任うんぬんの話は置いといたとしても、怪我をして痛いのはあなたです。

コメントを残す