転職に成功する人と、当たり前のようにことごとく失敗する人の違い

転職したほうがいいかな?でも、今の会社に100%満足してる訳でもないけど、いいところもあるしなぁ。となかなか今のぬるま湯から抜け出せない人の為に、理系大学卒の私が転職した記録を記事にします。

私は某有名市立大学を卒業後、とあるメーカーに8年努めた後に、東証一部上場の誰もが知っている大手電気メーカーに転職しました。
年収は450万円から600万円にアップして、休みが増えました。
転職する前は、「転職したら、労働環境悪化、年収低下するとよく言われるが、年収アップの転職なんてできるだろうか」「大きな会社に行ったら、まわりは優秀な人ばかりで大変そう」という不安がありましたが、やってみたら年収は上がったし、休みは増えたし、案外自分の能力は大きな会社でも活かせるしやっていけるやんという感じです。
転職をしようかどうか悩んでいるあたなが、一定レベルの人であれば、転職はうまくいくだろうし、そのレベルに無い人は、いくら頑張ってもことごとくいい転職はできないでしょう。
勢いづいて会社を辞めてしまう前に僕の記事を読んで頂ければ、一定レベルにある人は自信を持って転職活動を進める事ができるでしょうし、その自信が湧いて来ない人は、もしかしたら今の会社にすがって生きていった方がいいのかもしれません。

転職というのは魔法の人生リセットガチャじゃねえよ

転職というのは、どうしようもない人間が、その職場にいられなくなって、仕事も生きたくないし、あぁ、、もう会社辞めてやる
って吹っ切れた人が人生をリセットするためのモンではないです。
もちろんそういう人もたくさんいるし、そうだと思っている人からすると、転職をするという事は、バツがついたような社会不適合なんじゃないかと考える人もいるようですが、この記事ではそんなにレベルの低い人を対象にした記事ではないという事を先に断っておきます。
どうしようもない人が、人生をリセットする為に新しい職場に逃げても、どうせうまく生きません。

この記事では、労働力を会社に売る生業をしているサラリーマンが、自分の持てる能力をいかに高く売るか、また労働者としてちゃんと価値のある人は転職についてビビる事はないんだよ。という事を伝えるための記事です。

転職で成功するレベルの人

僕はある程度の大学を卒業しているし、前職では、ちゃんと仕事をしていたし、ちゃんとスキルを身につけられる環境ででした。中途採用している会社は、人が足りないから、新卒じゃなくて、すぐに仕事をしてくれる人を探しています。
だから仕事ができない人は、転職は難しいでしょう。
会社が求めるスキルを持っている人であれば、多少お金を出しても、待遇を良くしてでも欲しい!それが転職なのです。
求められるレベルのスキルを持っていないとまず、転職のテーブルに乗ってこないでしょう。
なので、今の仕事や嫌だから、とにかくやめたい。転職したら、漠然と私の人生が変わるかも!と思っている頭お花畑の人はちょっと厳しいんじゃないかなと思っています。

転職で失敗する人

当たり前ですが、能力の無い人は、転職をしても良い結果にはならないでしょう。仕事ができない人は、別の会社であっても、同じ仕事であれば、同じようにうまく仕事をこなす事ができないでしょう。これは厳しく感じるかもしれませんが当たり前です。
また、転職をすると、その環境での知識はゼロからのスタートになります。
この人はどういうタイプだから、こういうふうに接したらいい。何をしたい時は、誰に話してどういう段取りで進めたらいい。というようなその会社特有の事は、新しい会社に入ってみないとわかりません。

仕事ができない上に、会社の事がわからない状態ですから、いいパフォーマンスが出せるわけありません。
このように新しい職場でも煙たがられてしまえば、いい結果は見えない事は当然です。

僕はなぜうまく行ったか

それは僕の能力が高かったからです。僕がスキルを高め続けて来たからです。なんて書くつもりはありません。
そうではなく環境が違い、持っているスキルが違ったからです。その違いが有利に働きました。

何かと言えば、転職前の会社は中規模の会社だったので、設備の設計から、試運転調整、故障時の修理対応など幅広い業務を行った経験がありました。一方で、転職先の会社は規模が大きく、分業が進んでいるので、そこまで幅広い業務をできる人がいなかったのです。
それは、どっちが偉いとかすごいとかじゃなくて、役割分担がそうだったというだけなんですが、その違いが評価されたポイントでした。

人それぞれの持っている能力は、会社が違えば評価が違います。いかに高く評価してくれる会社に労働力をうるか、そのマッチングをし直す。これが転職ではないでしょうか。

補足で説明をしておくと、賃貸の住宅を考えましょう。

駅から徒歩30分の駐車場付きで同じ家賃の部屋と比べると広いアパートがあったとしましょう。
その家に気に入って住む人はどんな人でしょうか?
電車通勤で車を持っていない人に、その家は魅力的に見えないでしょうが、
車通勤で仕事に行く人にとっては、駅から遠い事は気にならず、家賃が同じで部屋が広くて気に入ってくれるかもしれません。
転職だって同じです。
同じスキルを持った人でも、会社によって評価が違います。今ちょうどそういう人を探してたんだよ~!というような会社があれば評価されますし、いや、そんな人はもうたくさんいるから要らないと言われるかもしれません。

とはいえ、世の中にある会社に「どうも~私入りますか?雇ってくれませんか?」と声をかける訳にも行かないし、何社も転職の面接を受けるのは時間がかかるので、自分の頭で考えて、自分のスキルがあればどういう会社はそれを高く評価してくれるか考えて、目星を付けて転職活動をすればいいかと思います。

コメントを残す